証券店先の破綻したら株はどうなってしまうか

株契約をしている者は証券ショップにて株取引をしていると思いますが、仮に株を通していて証券ショップが倒産してしまったらどうなると思いますか?株を発行しているショップが倒産した場合には株価のうまみは0になりますが、証券ショップの場合には株のうまみは0にはなりません。証券ショップが倒産したとしても持っている株のうまみは全く影響を受けないので安心してください。株契約をしている者といった、証券ショップとのタームの間柄はただ仲裁しているだけで、それほど株運用の資源を預けているというわけでもありませんから、安心です。株の運用資源というのは、コーポレイトシステム証券採集振替からくりと呼ばれるスポットで採集されていますから、コストを預けていて証券ショップが倒産したからといってお金がなくなるということはありませんので安心してください。破産した証券ショップの資源は絶対執行を通じてとられてしまうのですが、それが株主が預けていたコストとは別のコストですから、別に困ることはないのです。株券、株を購入するための資産なども、証券ショップに預けていたとしても、正しく証券ショップを運営するための資産とは別に管理されて運営されていますから、破綻により恐れはありません。仮に口座のお金がちっとも0になってしまったという場合でも、顧客養生基金と呼ばれるお金が用意してあり、ここから1000万円までなら確約可能なので、安心して証券ショップにて株の取引を続けることが出来ると思います。https://xn--t8j0a8bvk0eqcvdtj9a4lshw876h.com/